今月の大海戦日程は望まない展開になるか?

ベントナーです。

今月、大海戦いけないかも知れません。


というのも、大海戦発令フラグとなる、全港投資禁止が、歴史的事件(アントワープ投資戦)にて今週発動せず。

ということは、来週フラグ→再来週大海戦。
しかも、この展開は、再びAE同日開催になるような雲行きです。

願わくば、来週フラグ発動しませんように。

業務連絡的に書きますが、仮に再来週大海戦の場合、現場にいられるのは、土曜日の中型から大型のみです。

もちろん、準備だけはしていく予定ですが。
仮にそうなったときに備えて。

「居なくてもお願いするのですが、皆さん副官バザーのご協力お願いします。フラグはあっても、資材がないと構築できません。
構築資材、毎回余るという声もありますが、余るということは、効率良く守れた、またたくさんの協力をいただけた証明でもあります。
是非、皆様のご協力お願いいたします。」

事前会議は居ると思うのですが、当日の反省会にて、誰か引用して発言してくれたりしたら、助かります。(笑)

非戦課金なんて…ほんとにいる?

非戦課金は、いらないと思うと過去に述べたことがあります。

1Mでも、つらいものはつらいんだよ?
と言われ、確かにそう思う人もいるか~。
なんて思ったものです。


どうにも大海戦寄りな思考を取るにつれ、海事メインの意見を良く接することがあるせいなのか、この1Mという価値観は確かにと思ったものです。



しかしながら、やっぱり、非戦課金は、DOLをダメにする。と、考えているのです。

多アカの、重課金者は、多分運営的には重要視するのでしょうが、実際そうなんですかね。


よく投資家同士の投資合戦なんてものが、繰り広げられてるのですが、ぶっちゃけ半分以上は青旗多アカなのだろうと。

PKキャラに、本来一番襲われるべきゾーンであろうと思うんですよね。
緊張感もなく、片手間になってつまらなくなる。
良いことないんじゃない?と思うんですよね。


投資家を非難するつもりもないし、むしろDOLの存続の大きなファクターであることは疑う余地もないのです。

ただ、投資家の価値観は、時として、顔を札束でひっぱたいているととる人もいるのです。

金で何でも買えるわけではありません。


実はここ数回の、札束の殴り合いで改めて青旗否定論者になったのでした。



それにさ。PKって襲えてなんぼじゃないですか。
南蛮品の陰に潜ませた、イワシとかの強奪、密かにざんねんでした~とか叫んでみたくないですか?


まあ、楽しみ方はそれぞれなので。
ただ、楽しめる人を増やすことだけ、考えてます。

ちなみに、航行中良く釣りとか採集してる理由の一つが、このハズレを作ることなんですよね。

装備のロストが難破しなければ起きなくなったのだから、こんな楽しみ方も良くないかな?と。

価値観の押し付けが過疎の近道だとすれば、これもまた、価値観の押し付けかなぁ。

全ての意見を統一できるか?

最近、また大海戦前の橋梁頭確保のための札束の殴り合いがありましたね。

回想的であり、個人的スタンスを書いておきたいと思います。


正直、1つ参加数確保のために、確保したいという論理には一理あり、やむなしとは思います。
しかしながら、当然良しとしない人もいます。
良しとしないのだから、抵抗する人もいます。

間違ってません。
1つという条件ならともかく、それを違える人がいます。
抵抗はあるということは、頭の中に入れてもらいたいのです。

100%の要求が飲まれない限り、文句を言う方々がいるので、個人的な考えを示さざるをえなくなりました。

もう、幼稚すぎる。察しろ。

まあ、直接的な関与は証拠はありませんから、そういう疑念持っているということだけ言いますが、連盟国ならまだしも第三国が片側に資金提供するとか、もうバカであろうと。

ポイントについて、当然頭に入れて準備するし、今の状況を踏まえて支度するのです。

文句を言うなら、そこまでしっかり考えて言ってほしい。

そもそも投資は口出ししないと言うスタンスから、何にも言わずにいたのですが、士気に関わるとあれば言わないとね。


僕自身は、やれとは言わないつもりです。
ただ、やるなともいいません。
意見は聞きます。意見は聞きますが、要求は飲みません。


コソコソするより、堂々と言えばいいし、答えは持っているつもりなので。


本当にくだらない。人のは取ります、取り返します。取られたら文句は言いますは、子供のケンカですよ。もう一度。

バザー荒らしもそう。投資合戦もそう。
気に入らない土俵になったからと文句一々言ったら始まらないですよ。


そう、言っておきます。


イングは、そういう意味でもきちんと意見があがる国だと信じているので。
だから、僕は矢面に立たねばならぬ時は立とうと。
しかし、できないものはできないと言おうと、そう、思ってやっております。

大なり小なり、色んな意見があろうし、良いと思えば取り入れたい。

だから、敢えてここで考えを書いておこうと思いました。


文句があるなら言ってこいと。正直、印象操作を狙ったパフォーマンスは、見ていて恥ずかしいと思わないのかと。

対話の窓口は、開けてます。
しかし、対話は、必ず譲歩を引き出せるものと思っていたら、大間違いです。

コントロールしようのないものに、約束なんざできませんからね。


まあ、実際この文面を、その人物が見ることはないでしょう。

しかし、いずれ、それは伝わると思っています。

どう伝わるかわかりません。
しかし、それもまた、様々な意見を統一する難しさを示していると思いますから。

球春到来!

ベントナーです。

今年もこのシーズンがやってまいりました。

プロ野球開幕!


原則、DOLブログなのですが、今年もちょいちょい挟みます。

好きなので、すみません。


今年も、カープファンぶりは健在です。
カープのユニフォームは、ホームは白、ロードが赤。
はい、お気付きでしょうか?イングランドの旗と同じ2色を使用しております。

なので、いいよね?






はい。古い写真ですが、球場は神宮です。
マツダの写メなかった(T-T)



今日は、延長を制して、今季初勝利。
昨日打たれまくりましたからね。
今日も打たれまくりましたからね。

まあ、結果が全て。
同じ1勝です。

っていうわけで、今日は、気温は、凄く寒いのですが、春の訪れを確かに感じました。

球春到来。良い言葉です。

大海戦考~持ちつ持たれつ~

ベントナーです。

ふと、大海戦の旗振りの方って、仕事何してるのかなとか考えてみたりしました。

別にリアルについて、詮索するつもりはありません。単なる話の導入なので。

ちなみに、ベントナーの中の人は、コールセンターにいます。土日も関係なしのシフト制です。
だから、初日平日なのに、事前構築からわさわさしたり、土日なのに仕事で途中からということもあるし、研修や会社の付き合いでいないこともあります。

各国の旗振りが、もし不在だったら?
これが不思議なのですが、例えば要塞が落ちたら○○がいないからだと言う声がどことなくきこえてきたりします。
最近は、あまり陥落はないから大丈夫かな。

なんかわからないですが、旗振りに全責任がくるケースがあります。

違いますよね?と言いたいとこですが、半分正解です。

最終的な決断は、旗振りが下すわけですから、責任は重大です。
しかし、まわりと向いてる方向が変わるなら、話も違ってきます。

攻めから守りに徹するよう方針を変えたなら、守りきった=決断は、間違っていないとなります。
なので、割り切りやすいのです。

難しいのは、逆です。
反転攻勢をする場合です。
反転攻勢は、一番隙を見せます。

反転攻勢をできる指揮官は、おそらく数名でしょう。
場数、経験もそうですが、周りの支持がなければ、踏ん切りがつかないものです。

反転攻勢の難しい所は、判断を誤ったときに、立て直すことが難しいことなのです。

反転攻勢かけたあとの、防御指令は、反感も産みますし、何よりもモチベーション低下につながります。


そんな危険な物を振り回せるようになるには、まあ、長期政権となるか、絶対的支持があるかでしょう。


かつて、大海戦について、一人ではない。皆の協力あってこそ。なのだと、書きました。


その上で、相当ディフェンシブな考えのみを書いてきました。


無論、わかっています。攻撃は最大の防御です。
最大の防御であるからこそ、オフェンスが大事であることを。


ディフェンシブな施策だけでは、敵方要塞を落とすことはできません。

落とすことが出来ない=攻略しようとしない

となる前に、一度くらいは攻めに転じる戦いをしてみたいとは思います。

それには、まだまだ足りません。
五体不満足なのです。

年内には、陥落させる戦いができるよう、アグレッシブな意見もどんどん聞いていきたいなと思うところです。

プロフィール

ベントナー

Author:ベントナー
大航海時代オンラインのEurosイングの未熟者航海士です。
なかなか絡めぬままで孤軍奮闘中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ごあんない
ブログランキング参加しております。 (C)2005-2017 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク