スケジュールが読めない

ベントナーです。
大海戦狙いの休み申請は、今月も失敗しました。


幸い、休みが被さったので、初日、居られそうなのが救い。

さて、パレンバンということで、フレさんとも話しながら、つくづく金曜日休みがありがたい感じました。

その理由は、海域です。
どうやら、アンダマン海が対象になったことは無いのか、資料がないのです。

資料がない以上、探すしかありません。
宝探しみたいですよね。

しかし、この作業、初めての時でないとできません。
つまり、超貴重です。
解析されていないものを解明する楽しさを、是非ともみなさんと共有したいと思います。

詳しくは事前会議で!
金曜日は、昼が忙しい。夜も多分忙しい。

おそらくは●●歳最後の大海戦になりますので、頑張っていきますよ!
(引退ではなく、誕生日が今月のA鯖大海戦後なだけですので、あしからず。)

E鯖大海戦回顧録

ベントナーです。

ちょっと、バタバタして、アップがかなり遅れました。


AとEとの考え方の相違はあるにせよ、協力して守ろうという意識がもてていれば、いいのかなって思うわけです。


やかましいとか思った方もいるでしょうが、声を出すことは重要だと考えています。

マカッサルが耐震偽装とか、一見何を言うか?となるでしょうが、肩の力を抜いてほしいのと、とにかく声を出すことが重要だと伝えたいのがあります。

3日目は構築茶室にも入れていただきましたが、やはり情報ないと苦しくなるなと、A鯖戦に生かせそうな訓戒を得つつ。

E鯖の方のバザーのおかげで、A鯖の人間も構築に力を注ぐことができました。

なにより、陥落させずに済んだのは良かったです。
3月の大海戦スケジュールはまた読めませんが、次もまた頑張っていきましょう。

真の強さをみた気がした

ベントナーです。

大海戦が終わりました。
前回の記事は1日目、結果だけ見て書いたものでした。

領土陥落を、どう受け止めるか。
どうやら、杞憂だったようです。

イスパニアのみなさん、あなたがたの底力を見せつけられた気がします。
2日目も3日目も仕事終わりからの参戦だったため、中型になってからでしたが、ギリギリまで耐えて耐えて、耐えて耐えきって。

クエストは受けましたが、2日目は参加度外視。アルジェまで鉄鉱石を買い、ひたすら叩き。
バレンシアもパルマも物資不足で構築の働きを生かせなくならないように、奔走しました。

一人で出来ることは限りがありますが、同じように奔走してくれる人もいて。
艦隊を組まなかったので、2日目は戦功無しでカット。
戦功無しだと、傭兵は大海戦チャンネル切れるんだなと思いました。

3日目も物資不足の穴埋めに奔走しましたが、戦功0も悲しいので、数度構築艦の中に混ぜていただきました。


なんとか、2日目も3日目も、イスパニア側は領土陥落を免れ、投資期間は2日だけと、最小限にとどまったという処でしょうか。

イスパニアの皆さんは、領土陥落を引きづらないように、100%に戻す戦いが待っているでしょう。
でも、きっと立て直すことができると思います。

2日目と3日目の奮闘を見て、強く思いました。

使い切られた物資バザーを見て、死闘の激しさを思い、効果の鈍る陥落後の要塞を守りきった。
結果以上に、あきらめない強さを見せつけられた大海戦でした。


お疲れ様でした!

運営は世界を滅ぼしたいのか?

A鯖歴史的大海戦と相成りましたね。

おかげで、休みの計画に失敗したベントナーは参加すら難しくなりました。
まあ、主戦ではないから、普通ならここで終わりでいいんですが、今回はそうはいかないかな。

イスパニア攻めポルトガル守りの、連盟なし。
他はオール傭兵というわけです。

場所はセウタ。つまり、海域はジブラルタルとバレアレス。
ここまで書けばピンと来る人もいるでしょうが、運営による、強制イスパニア領土戦です。


領土戦慣れしてないであろうし、ましてや昨年11月のラスパルマス海戦のように、旗振り不在とか無ければいいのだけどと、心配したりします。

領土陥落は、最近は、気にしないPCもいるのかも知れませんが、古参のPCにとって耐え難いことではないかと思うのです。

個人的には、イスパニア側に協力したいとは思うのですが、何しろ本体が仕事の関係で、初日は参戦不能。残りも時間的に怪しいと、心の中で応援しますとしかいえない有り様で。


さすがに領土戦となれば、覚悟を決めて誰かが旗は振るでしょうが、どうか耐えきって欲しいと願うばかりだったりします。

領土戦は、やはり、互いが死力を尽くし、その結果が結果なら、受け入れられるかも知れませんが、集団リンチ化した陥落があるなら、それはDOLの破滅を意味しそうで。

本当に恐ろしいカードを組んだなと。
これは運営の決めたサイクルなので、運営やらかしたとしか、もはや言えません。
違う内容にできなかったのかね。


まあ、決まってしまった以上、イスパニアを今回は応援しようと思います。
バザーくらいは、出さないといけないな。

課題豊富もりだくさん

ベントナーです。

大海戦お疲れ様でした。
今回は頭から尻尾までいられる日がなく、申し訳なかったです。


改めて浮き彫りになった気がする、現状の課題を連ねていきます。
1・旗振り不在時の体勢
これは個人的にも反省な点(不可抗力とはいえ)
おそらくのっけから、小型途中まで、なんとか各々のポテンシャルの高さで凌げたなと。
やはり、フルで入れる人が構えられたら望ましい。
仮にそうできずとも、旗振り補佐が明確化必須かも。
(小型振り回されていたのは、遠因はこれでないかと)

2・封鎖不足
以前にも封鎖の事には触れたものの、敵に満足行く仕事をさせないように手を打つ対処策の一つが封鎖です。
やはり、これは重要です。
封鎖は、敵の攻め手を鈍らせる、平坦の滞りをもたらす、要塞攻略には必須なポジションです。
不足してる限り、陥落は見えてこないです。
バザーと違って、封鎖だけではダメなため、事前会議では言ってませんが、封鎖欲してます。

3・バザーを活かす
数は協力頂いたたくさんの皆様に支えられました。ありがとうございました!
鉄板不足が時々起きてました。
ぶっちゃけ、鉄材が豊富でしたので(皆様が叩いてのばしてくれたので)鉄材を叩く方法もあります。
是非鋳造を上げていただいてノーマル鉄板叩ける体勢を作ってもらえたら、鉄板不足して追加が支度できるまでやりくりしやすくなります。
堅くしないと、増加量少なくなりますが、鉄板不足で塗れない状況を打破するヒントになれば。

もうちょい、あります。
畳みます。

まだ言い足りないのかって思った方・・・。
ツッコミがわりのぽちっとをお願いします。


続きを読む

プロフィール

ベントナー

Author:ベントナー
大航海時代オンラインのEurosイングの未熟者航海士です。
なかなか絡めぬままで孤軍奮闘中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ごあんない
ブログランキング参加しております。 (C)2005-2017 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク