勢いを止めるということ

大海戦はカンディア。
ヴェネツィア当事国だと、もはやお馴染みになりつつあるこの海戦。
今回は、ネーデルラント&ポルトガル&オスマン連合。


味方要塞はカンディアの他に、ベンガジとサロニカ。
相手方要塞はアレクサンドリアのみと、攻めるにも守るにもわかりやすい構図。

落ちる寸前までいきながらも、構築で粘られる。
そして、来襲はポルトガル精鋭の対人艦隊。


砲撃も散らされ、沈み行く味方艦隊(x_x;)
さすがです。
守りにきた艦隊のスピードが早かったこと。早かったこと。


そして、勢いよく攻め立てていた序盤とはうってかわり、あっという間に、要塞点差は返されて…。
気付いたら、相当の点差が開く展開。


『押してだめなら引くしかない』のかもだけど、強引にこじ開ければ、開いたかもしれない。
後、数発。そう、後、数発。

まだまだ、未熟なんですかね…。敵は強かった(x_x;)
旗艦護れなかったし。


今日明日は仕事だから、行けるか怪しいけれど、副官バザーだけでも仕掛けておきました。

リベンジしたいなぁ(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ベントナー

Author:ベントナー
大航海時代オンラインAstサバ
国籍・イングランド→?
商会・現在無所属
無所属で出馬中。(´・ω・`)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ごあんない
ブログランキング参加しております。 (C)2005-2017 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク