発言には責任が伴うといいました

ベントナーです。

この期に及んで、とは思いました。
イングランドには、全く関係ないところで起きている現実の話です。


皆さんご存知の通り、ポルトガルの静観により、今月の大海戦は、Aサバでは流れました。

過去に2回流していますから、ポルトガルサイドの判断を責めるつもりなど毛頭ありません。

そして、自らの意思で流そうとはしないだろう。
とも思っています。

話は聞いていたため、Twitterで、この件に触れたツイートをご覧になった方もいると思います。


盛り返したようですが、やはり流れたという感じでした。

これについては、国を変えて2回同じことが繰り返されたわけで、極めて問題です。
今回は、静観を求めるキャラが、ポルトガルの王宮にいたそうです。

どこかしらで必ず被害が生まれる静観誘導は、許されない行為だと思います。


自由意思によって、流された大海戦ではなく、誰かの謀略によって流された大海戦だろうと。

故に、何かしらの改善要請をあげねばならないなと思っています。


痛みが伴うかもしれませんが、今の投票システムでは、同じ結果は繰り返されると思っています。
運営にどの提案をしようか、思案してます。

1・サーバー統合もしくはクロスワールドの廃止
少なくとも今回の自称で現れたキャラは、Eのフランス国籍でした。
つまりクロスワールドが規制されれば、起こらない可能性が考えられます。
もしくは、サーバーは1つにし、そもそもの状況を排除するのが根本的解決かなと。

2・キャラのアカウントIDの表示
アカウントが表示されれば、いい逃げは抑止できるのではないか?
コンプライアンス問題があるので、実現性としては低いか?

3・投票システムの抜本的改修
今は選択肢5つまでと静観にわかれている。
静観は1本化するのに、開戦支持票は分散されて計算されている。
過半数に静観が満たない場合は、得票の多かった地点を対象に開戦するしように変えるべき。
そもそも、今回は開戦支持票(静観以外)を足すと静観を上回っているため、捻れた判断はなくなる。
また、過半数に届かせる必要がでるため、流しにくくなるはず。


今のところこんな感じ。
ちょっと極端かもしれないけど、このままだと、本当にサバ統合ありえますよ?
スポンサーサイト

敗北から考えること

ベントナーです。

スエズを舞台にした大海戦、参加された皆様お疲れ様でした。

多くの参加を頂き、本当にありがとうございました。


結果としましては、久々の敗戦ということになりました。


8つある要塞の確保が結果として、全体の結果を決めてしまうことになったわけですが、やはり一部の人の動きのみで如何にも動かせてしまう状況に、大海戦もいよいよオワコン一歩手前まできてしまったのだなと感じたわけです。

そして、要塞を落とすということが、困難の域に来たとも感じました。


3日間を通じ、大海戦の中身として、要塞を落とすことに全く興味の無い人が増え、対人戦を純粋に楽しむ人が増えたのだなと。
そんな雑感でした。

決して悪いとは言わないし、対人戦のポイントが2日目迄は生きていた事を考えれば否定など出来ないのです。


しかし、今回の結果として、ポイント狙いの激しい投資合戦には大いに疑問を投げかけたいなと思います。

もし防衛する体力が無かったら、全て旗を変えるつもりだったんでしょうかね。

また旗が確定する時間も疑問です。
金曜の昼にインできる人って、たまたまシフト休で休めた人か、わざわざ有給をとって休んだ人、もしくはゲームに人生を捧げていらっしゃる方位でしょう。

たまたまシフト休でインしました。
前の静観の際にもらった声を確かめる意味もありました。

正直、これは昔、皆が全力でぶつかり合っていた頃の大海戦とは似て非なる全くの別物なのではないのかと。

そりゃ、要塞を落とすという部分にモチベーションを見出せなくなる人も増えるだろうと。

3日目については、自分の号令が悪かったことが敗因であるのですが、号令の源泉たるモチベーションを見出せる工夫が必要なのかも知れません。

そんな中新しく参加してくれた人もいらっしゃいました。
本当にうれしい事です。
また盛り上がれる大海戦を追い求めていけたらと思います。


このまま、オワコンにさせてはいけない。
その為に泥をかぶる時が来るかなと思います。
そう遠くはないと思います。

ベントナーの弁当放浪記~交流戦勝ち越しどっちだ?編~

ベントナーです。

けして、ネタがないとはいいませんが、交流戦観戦に、仙台に来ています。


さて、今日は、交流戦限定弁当を買いました。
1000円

駅弁を作る会社さんが作っています。
3社、Kスタには入れているのですが、これは伯養軒さんのです。







あなごごはんに、カキフライ。お好み焼きも入ってました。
炊き合わせの人参は紅葉にしてますね。
交流戦ということもあり、広島名物を盛り込んだラインナップになっていました。

仙台駅の駅弁は、東北では、一番ラインナップがあるわけで。
このあたりは、さすがだなっておもうわけです。

って、肝心の試合は観戦した2日共、負けてしまったのですが。楽しめたから良しとします。


ま、帰りに何を食べようか、迷うのですが。

発言は責任を伴うものだと思う

ベントナーです。

大海戦に参加された方お疲れさまでした。
結果については、漏れ伝え聞いた内容のみですが、承知しています。

先般のやりとりについては、自分でも撤回しないとともに、発言に責任を持つ意味合いも込めて残します。


ひとまず、大海戦時によく言っている、ノーサイドの理屈を盾に、平常に戻っていこうとおもいます。
とはいえ、言いたいことがあれば、言ってほしいと思いますし、言い分があれば、聞きます。


さて、タイトルの真意です。

主張することは、大事だと思います。しかしながら、言うだけで自分は傷つかない位置にいるような、発言に意味を持たない所為は反対です。

匿名で相手を非難することは容易いことです。
過激で、時には人を立ち上がれないくらい傷つけることがあっても、めったやたら自分にたどり着けない。だからこそ罪悪感も希薄で、また同じ事をします。

仮にバレたらどうなるか?それは、不特定多数の敵を作るでしょうね。
たまたまニュースで見た、ガン患者は仕事するな発言。
ヤジだから大丈夫だろう、と思ったら、バレて窮地に追い込まれていますよね。


匿名発言は、時として、モラルを忘れがちです。
単純に責任逃れだと思うのです。

人の考えは変遷しますから、当時思っていたことが、結果悪いようになったなら、素直に認めればいいのだと思いますし、謝ればいいのだと思います。

発言には、責任が伴います。だから、みんな考え、最善かどうかはかるのです。

今回、皆さんが思ったこと、多分、みる角度で正しくもあり、間違いもあるはずです。


時に言い合い、考えを聞き、相手を理解する。
その作業が、足りてないのかなと感じました。

唯一残念なことがあるとすれば、自分の怒りの引き金を引いてしまった、あの所為については、わからずじまいでした。

静観に対して怒っていると取られた方もいるかも知れません。
静観票の一部については、自分には、納得できる理由があったのです。

あの一点。あの一点さえなければ、この事態には至らなかったわけですから。


真相がわからぬままで、本当にモヤモヤが晴れませんが、
自分が前から掲げている、ノーサイドの精神から、ここで区切ります。

とにかく、大海戦に行かれた皆様、本当にお疲れさまでした。

名前を出しての主張なら、いつでも伺います。
名前は出したくないから、殴らせろ!という方は、ロッキー地方のクレーム処理センターへどうぞ。
いくらでも、満足行くまでボコボコにしてください。
匿名の言い捨てと単純な暴力は、理解をするという行為につながらないので、どうか目のつかないところでお願いします。


これでロッキー地方に人があふれたら…、それはそれでへこむか。

きっと情熱を失ったんだと思う。

ベントナーです。

タイトルの通りです。
人間、今の立場とか全て捨ててしまえと思うと、ああまで感情論を振りかざせるのだなと思いました。


いろいろ、ギスギスした空気を産んだような気もします。
本当にすみません。


まあ、なんていうか、引退とやらも、頭によぎりました。
ただ、あんなことで、引退するのもなと。

とはいえ、ああまで言った以上、どの面下げての世界でもあります。


自分で思っているだけでしょうが、2度目の失脚といったところでしょうか。

まだ取り戻せるという考えもあるでしょうが、それでも許せないものは許せないわけで。


まあ、その決断をしたら二度と戻ることは許されないでしょうから、途中で放置していた国イベントでも、やっつけてからにしようかなと思っています。

後任をたてるのが筋かも知れませんが、今までそうしなくても、誰かしら穴を埋めてきたのですから、きっと大丈夫でしょう。

次の静観を待つほどの時間は、もうないようにも思います。

誤解のないように、言っておきますが、Aインクランドは素晴らしい国です。
それゆえにあの行為自体が残念でなりません。
プロフィール

ベントナー

Author:ベントナー
大航海時代オンラインのEurosイングの未熟者航海士です。
なかなか絡めぬままで孤軍奮闘中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ごあんない
ブログランキング参加しております。 (C)2005-2017 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです
ブログ内検索
RSSフィード
リンク